スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岸和田競輪場にて…
SSシリーズの前検日にショッキングな出来事がありました!
 
 
 
 
 
それは検車場での事です!! 
 
 
 

 
一人の先輩選手が僕に近づいてきて…
 
 
 
 
 
『伏見~、最近調子がええな~。何か良いもんでも見付けたかっ?』
 
 
 

 
僕は『何をですか?』
 
 
 
 
 
最初は良い練習方法の事かと思っていたら話しが流れるにつれて…
 
 
 
 
 
『良いもの=ステロイド』 
 
 
 

 
の事を言ってるんだと思って僕は思わず吹き出して笑いそうになってしまいました(^^)
 
 
 
 
 
競輪界ではよく調子が上がったり強い勝ち方をしたりするとすぐにドーピングの話題になったりもします!
 
 
 
 
 
昔はそんな噂話が出るようになったら一流の証だな~なんて慎太郎とも話してたりもしましたが、面と向かって言われたのは今回が初めてだったので何て受け答えをしようかと少し考えてしまいました(笑)
 
 
 
 
 
スポーツ選手に限って、ましてや国際大会やオリンピックに出ている選手は《ドーピング検査》が人一倍あるわけですからそんな事をしたら一発で首になりますよっ!《それ以前の問題ですがね…》
 
  
 
 

ドーピングで強くなっても何も嬉しくはないと思いますし、そういう人は早かれ遅かれ何かしらの反動が絶対にきます!《いわゆる副作用ってやつですね…》

 
 
 
  
僕なんかはドーピング検査に引っ掛かる恐れがあるからといって《風邪薬や花粉症の薬》を飲めない中、今日まで過ごしてきているのに…
 
 
 
 
 
よくよく考えてみれば今回のこの発言は自分としてはちょっと悲しい言葉でしたね(;_;)
 
 



自分がこんな事を言われて強く思ったことは…
 
 
 
 
 
『競輪界でももっと真剣にドーピング検査に取り組んで考えて、風邪薬も飲めない中戦っているナショナルチームはもっと敬うべきだ』
 
 
 
 
 
と強く思いました!!!
 
 
 
 
 
最後に自分がもしドーピングをしていたとしたら…
 
 
 
 
 
『こんなもんじゃないですよっ(^^)』
 
 
 
 
 
競輪選手のみなさん、絶対に薬になんか手を出しちゃダメですよ~。って当たり前ですけど(^^; 
 
 
 
 

今日もクタクタな一日でしたm(__)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。